Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

AOLニュース
    0 0

    Filed under: , , , , ,


    ダイアナ元英皇太子妃のウエディングドレスは、歴史的に見ても非常に象徴的な衣装だ。


    チャールズ皇太子との結婚式の時、20歳だったダイアナは、パールをちりばめたボディスにフリルスリーブのエマニュエルのドレスに身を包み、長いベールをまとっていた。写真を見ると、王室の一員ならではの華麗で魅力的なウエディングドレスであることは明らかだが、その製作にまつわるちょっと気掛かりな裏話がある。

    複数の報道によれば、ダイアナは結婚式を前にかなり体重が減り、ドレスのサイズを詰めなくてはならなかったという。数センチどころの話ではない。ドレスを手掛けたデザイナーの1人のエリザベス・エマニュエル氏によると、ダイアナは結婚式までに14cmもウエストが細くなったというのだ。

    「緊張のせいかなと思いました。ですが、ドレスの調整は本当に大変でした。ボディスをどんどん詰めて、型紙を変えなくてはいけませんでした」と、彼女は英紙『Daily Express』に語っている。

    エリザベス氏によれば、ダイアナのウエストサイズは、最初の試着時は健康的な74cmだったが、最後の約15回目(デザイナーたちも「数え切れなかった」そうだ)の試着時には60cmしかなかったという。

    最終的に、エリザベス氏と現在は元夫となったデイヴィッド氏は、どんどん細くなるダイアナのウエストラインに応じて5種類のボディスを製作した。エリザベス氏は、「最後には驚くほど細くなっていました。試着中にドレスを文字どおり縫い込みました」と振り返っている。

    しかし、そのドレスは今もなおダイアナ元妃同様、どの点から見ても象徴的だ。裾の長さは7.6メートルで、シルクとチュールで出来たドレスには1万個ものパールがあしらわれた。値段は当時1,050英ポンド(現在の価値では約4,140英ポンド<約62万円>)だったという。

    「最後には、ダイアナは自分は何も言わなくていいと理解していました。ドレスが代弁していましたから。彼女は象徴的存在でした」とエリザベス氏は語っている。




    ■参照リンク
    http://www.aol.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , ,


    マイティ・ソーとその仲間たちは劇場で"バトルロイヤル"を繰り広げているようだが、今回はマーベルの新作映画『ブラックパンサー』キャスト陣にスポットを当てよう。11枚のキャラクターポスターが一挙にリリースされ、作品で登場するワカンダ王国のヒーローとヴィランが紹介されているのだ。


    ポスターはどれも息を呑むような美しさながら力強さを秘めている。各ポスターはキャラクターのクローズアップとなっており、カメラのレンズを見下ろしながら不遜な眼差しでにらんでいるものや、自省の念に駆られ視線を外しているものもある。すべてにそのキャラクターが物語とどう関わっているのかを説明するメッセージが添えられており、チャドウィック・ボーズマン演じるブラックパンサーのポスターには「父が遺したもの」の文字が並んでいる。

    チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ、ブラックパンサー)
    「ワカンダよ、永遠なれ」

    これは本作品のストーリーをほのめかすフレーズで、その名をティチャラという我らがブラックパンサーが、故郷の超文明国ワカンダ王国に、父の死後王位を継承するために戻ることを意味している。ただ、この種のストーリーではお約束のように、この里帰りはすんなりと進まず、ブラックパンサーはその王国の民と共に立ちはだかる敵を倒し、王国に秩序を取り戻すのである。

    この他、ダナイ・グリラ、ルピタ・ニョンゴ、フォレスト・ウィテカー、レティシア・ライト、アンジェラ・バセット、アンディ・サーキス、マーティン・フリーマン、マイケル・B・ジョーダン、ダニエル・カルーヤ、ウィンストン・デューク、それぞれのバージョンもご覧いただこう。

    ダナイ・グリラ(オコイエ)
    「(王国の誉れ)ワカンダよ永遠なれ」

    ルピタ・ニョンゴ(ナキア)
    「(王の愛)ナキア参上」

    フォレスト・ウィテカー(ズリ)
    「(王の思し召し)ズリのポスターを見てくれ。感覚を刺激されるだろう。ワカンダよ永遠なれ。準備はいいか!?」

    レティシア・ライト(シュリ)
    「(兄の右腕)ワカンダよ永遠なれ」

    アンジェラ・バセット(ラモンダ)
    「(わが子の命脈)ワカンダよ永遠なれ」

    アンディ・サーキス(ユリシーズ・クロウ)
    「(敵の復讐)ワカンダよ永遠なれ」

    マーティン・フリーマン(エヴェレット・K・ロス)
    「国の秩序」


    マイケル・B・ジョーダン(エリック・キルモンガー)
    「民の怒り」

    ダニエル・カルーヤ(W'Kabi)
    「王国を守る」

    ウィンストン・デューク(M'Baku)
    「民の誇り」

    『ブラックパンサー』の日本公開は2018年3月1日だ。





    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , , , ,


    ラッパーで俳優のドレイクは、実は誰にも負けないくらいの『ハリー・ポッター』ファンだったようだ。


    J・K・ローリングによる『ハリー・ポッター』の原作を全巻読破したというドレイクは、ファンとして大きな買い物をしようと企てている。彼がエンタメ系情報サイト『The Hollywood Reporter』(THR)に語ったところによると、ドレイクはこの4年間、希少な『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版本を探してきたというが、その本の価格は驚愕の16万ドル(約1,800万円)だ。

    ドレイクは、『THR』に次のように語っている。「これは持っておかないと・・・誕生日も近いからご褒美に買おうと思ってる」

    このご褒美は、誕生日だけでなく、自身の最新のTVプロジェクトが順調に進んでいる事に対するご褒美にもなるだろう。ドレイクは、Netflixでリバイバルされる英国のドラマ『TOP BOY』を制作する事が決まっている。Netflixによれば、ドレイクの情熱がこのドラマの「復活を促した」という。



    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , , ,


    トランプ大統領のあの髪型は、彼の代表的な特徴の1つだと言えるが、この髪型はかなり昔から話題にされてきた。


    長年、大統領の主治医を務めているハロルド・ボーンスティン医師は今年の2月、トランプの髪型について裏話を教えてくれた。同医師は、「あの髪は全て自毛です」と打ち明けたのだ。トランプは、抜け毛を防ぐ作用のあるフィナステリドという薬を服用しているのと、以前に毛髪を移植した可能性があるとのことだった。

    「誰がやったか知らないけど、『普通の髪型のトランプ』のフォトショップはかなりいい出来だ」

    ネットでは、トランプの髪型について更に深堀りされており、もし彼の髪型が"普通"だったらどうなるかを想像したコラ画像が発見された。この画像はツイッターで話題になり、多くの人を驚かせている。

    「20年後のオーウェン・ウィルソンっていう感じだな」

    このコラ画像の大統領が、年を取ったオーウェン・ウィルソンのようだとの反応もあったが、これには賛同せざるを得ない。とはいえやはり、この新しい髪型の写真は、選挙戦の時に有名になったトランプそっくりの鳥のインパクトとは比べ物にはならない。

    ■参照リンク
    http://www.aol.com/

    ■関連動画

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , , , ,


    犬のビーグルの耳の中が、トランプ大統領の横顔にそっくりだと話題を呼んでいる。


    北東イングランド在住の女性、ジェイド・ロビンソンさんは、2歳になる愛犬チーフの耳の中のできものを獣医に見せるため、寝ている間に写真を撮った。この写真を見た友人が、耳の内側がアメリカ大統領に似ていると指摘し、ロビンソンさんは写真をSNSに投稿。すると、瞬く間にネットで話題となった。

    The moment you realise why your dogs ear hurts..... he has DONALD TRUMP IN IT!!!! 😂😂😂😂

    Posted by Jade Robinson on Saturday, November 4, 2017
    「愛犬が耳を痛がる理由が分かった。耳の中にドナルド・トランプがいた」

    ロビンソンさんは、クラウドファンディングのJustGivingで愛犬のページを立ち上げ、獣医から適切な治療を受けられるための資金調達を始めた。

    ロビンソンさんは、同サイトで次のように説明している。「ビーグルのことを知っている人なら、分かってくれるでしょう。ビーグルは賢く、活動的で、好奇心旺盛な犬で、チーフも例外ではありません。彼はとってもいたずら好きの子です・・・彼の耳はとても長いので、匂いを嗅ぐときに、地面をこすってしまいます。そのため、耳に汚れが溜まりやすいのです」、「昔から耳を清潔に保つために努力をしてきましたが、普通の耳掃除では間に合いません」。

    「チーフは耳の内側を触られるのが嫌いなので、この写真は寝ている間に取りました。私はこの写真を20回以上も拡大、縮小して見ましたが、ドナルド・トランプを見つけられませんでした。鋭い友達が指摘して、初めて気づいたのです」

    そして、見事、目標額450ユーロ(約5万9000円)が集まり、ロビンソンさんは資金提供者に対して感謝の意を述べている。

    「皆さんどうもありがとう」



    ■参照リンク
    http://www.justgiving.com/
    http://www.aol.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , , , , ,


    米テキサス州出身のジェニファー・ガーナーが生粋の「南部生まれ」「南部育ち」である事は、よく知られている。


    しかし、そんなジェニファーのファンも、先日、リードを付けて近所を一緒にお散歩するというペットのニワトリを紹介された時は、少々驚かされたようだ。

    「"チキン・レディ・デイ"っていう祭日が無いなら、絶対に作るべき。私の人生はいつも楽しい事の連続。この"レディ"の名前は、レジーナ・ジョージ。レジーナは長いお散歩や乾燥した虫とケールが大好き。そして、炭水化物が大嫌い。良い子だけど"ミーン・ガール(いじわるな女の子)"なの」

    そう、レジーナ・ジョージといえば、レイチェル・マクアダムスが演じた、映画『ミーン・ガールズ』を代表するキャラクターだ。だが、こちらのレジーナ・ジョージは、「長いお散歩や乾燥した虫とケールが大好き」で「炭水化物が大嫌い」だという。

    ジェニファー・ガーナーがインスタグラムを始めたのは、ほんの2ヶ月前の事だが、すでにちゃんと使いこなしているようだ。




    ■参照リンク
    http://www.aol.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , ,


    『スター・ウォーズ』をもっと満喫したい人に、ディズニーからの朗報だ。ライアン・ジョンソンが『スター・ウォーズ』の映画新三部作を手掛けるだけでなく、実写テレビ番組のシリーズも誕生するのだ。同シリーズは、ディズニーが計画する独自ストリーミングサービスの目玉の1つになるという。


    同シリーズの企画は11月9日、ディズニーの投資家向け四半期決算説明会の場でロバート・アイガー会長兼CEOが発表した。ディズニーは、2019年末までに開始予定のストリーミングサービスの促進役として、自社のヒット作品を大いに当てにしているようだ。

    もちろん、最大の企画は『スター・ウォーズ』の実写テレビシリーズで、この話はかなり前から進められていた。これまでのところ、『スター・ウォーズ』シリーズのテレビ番組としては、評価の高い『スター・ウォーズ 反乱者たち』と『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』というアニメ版しか作られたことがない。実写シリーズが従来の"スカイウォーカー・サーガ"に関連づけられるのか、それともジョンソン監督の新三部作のように銀河の新たな片隅を探検することになるのかは現在のところ不明だ。

    ディズニーは今回、他に『ハイスクール・ミュージカル』(映画第4作がすでに製作中)やピクサーと組んだ『モンスターズ・インク』、マーベル作品をベースにした番組の企画についても明かしている。

    マーベル作品のテレビシリーズは数多く存在し、放映・配信元も多岐にわたっている。例えば、ABC(ディズニー傘下)の『エージェント・オブ・シールド』、Netflixの『Marvel ザ・ディフェンダーズ』、FOXの『The Gifted』、FX(FOX傘下)の『レギオン』、Huluの『Runaways』(原題)などだ。フリーフォーム(ディズニー傘下)からの放映予定が白紙となった『New Warriors』(原題)については、マーベルは放映開始を2019年にまで延ばしたくはない考えだと報じられている。



    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , ,


    皆さんに朗報だ。米国で始まるディズニーの独自ストリーミングサービスはNetflixに比べてかなりお手頃価格になるそうだ。


    ディズニーのロバート・アイガーCEOは、「(米国での)価格設定には気を使いました。詳細については決まっていないので、まだお話できませんが、Netflixを下回ることになるでしょう。扱うコンテンツの量が比較的相当少ないので」とゲーム関連のニュースサイト『Polygon』に語った。

    確かにコンテンツの量は少ないのかもしれないが、ディズニーの「マーベル」、「スター・ウォーズ」などご自慢のコンテンツが提供される予定だ。

    Netflixの料金改定が先月発表され、最も人気のあるプランが月額10.99ドル(約1250円)へ値上げされるが、ディズニーの言う「かなり」というのがどれくらいになるのかは、発表を待つしかない。Huluは月額7.99ドル(約908円)からなので、そのあたりがディズニーの目論んでいる価格帯だと思われる。

    ディズニーのストリーミングサービスは2019年に始まるとされ、ディズニー映画が500本、ディズニーTVからおよそ7000話分の番組が見られるようになるという。この数はNetflixの映画4335本、テレビシリーズ1197本と比べると、その差は歴然としているとNetflixの分析サイト『Allflicks』は伝えている。

    ディズニーのライブラリーが増えるにつれ、料金も値上げされるのは確実だ。

    この動画配信サービスにはまだ名前がつけられていないが、アイガーCEOによると、ディズニーのブランドとなるため「R指定」の映画は含まれないそうだ。




    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , ,


    大型スーパーマーケットのレジ係が見せたちょっとした親切が話題となっている。


    ミシシッピ州在住のスプリング・ハービソン・ボーリンさんは、地元のウォルマートで買い物をしていた際に心温まる出来事を目撃し、フェイスブックに投稿した。

    あるお昼休みにウォルマートに立ち寄ったボーリンさんは、レジ係が1人の客に見せた優しさに感動したという。

    ボーリンさんの前にいた年配の男性がお金を払おうとしたとき、その男性は心配そうに後ろを振り返っていたという。そして、レジカウンターに大量の小銭を置きながら謝ったそうだ。

    「なかなか小銭を数えられない男性は、少しずつ焦り始めていました」とボーリンさん。

    男性の手も声も震えていたそうだが、レジ係の女性が彼の手を取り、小銭をカウンターに置いて次のように言ったという。「大丈夫ですよ。一緒に数えましょう」。支払いが終わった後、ボーリンさんはレジ係の対応に礼を言ったそうだ。

    するとレジ係の女性は首を振り、こう言ったという。「私にお礼を言う必要はありません。互いへの思いやりの気持ちを忘れているこの世の中がいけないのです」

    この心温まる投稿に多くのいいねが寄せられている。



    ■参照リンク
    Spring Herbison Bowlinさんの投稿 https://www.facebook.com/
    http://www.aol.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , ,


    ストリーミングサービスも行うアマゾンは、J・R・R・トールキン原作の『指輪物語』をテレビシリーズ化する権利を獲得した。


    まだ、制作はほとんど進行していないが、エンタメ情報サイト『Deadline』によると、テレビシリーズ化の翻案はJ・R・R・トールキンの小説3部作の第1部である「旅の仲間」が始まる前の新しいストーリー展開となり、スピンオフ制作の可能性も秘められている。このプロジェクトは、2003年の『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』でアカデミー賞作品賞を受賞したピーター・ジャクソン監督の同映画シリーズに続くため、高い期待が寄せられている。

    『Deadline』によれば、この契約は、HBOの大ヒットテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』並みのヒットを目指すアマゾンだからこそまとまったというが、ジェフ・ベゾスCEO自身がこの交渉に個人的に関与しているとも報じられていた。このプロジェクトは、すでに複数シーズンの契約となっているが、まだ脚本や脚本家、監督、それにキャストも決定していない。

    だが、分かっているのはアマゾンがこのテレビシリーズ化の権利を獲得するために、ビックリするほどの高い金額を支払ったということだ。『Deadline』が報じるところによると、2億ドル(約227億5000万円)から2億5000万ドル(約284億円)もの大金が動いたという。これには制作費や出演費などは含まれていない。以前報じられたように、テレビドラマ最盛期と言われる今は、多額の制作費用がかけられる傾向にある。さらに、『Deadline』によれば、このテレビシリーズはアマゾン史上最も高額なシリーズになるという。ある業界関係者が『Deadline』に語ったところによると、制作費は"法外"な金額となり、1話分の予算がおそらく1億ドル(約114億円)から1億5000万ドル(約171億円)にも達するとのことだ。

    だが、この金額でもアマゾンにとって価値があるという。

    「ロード・オブ・ザ・リングは文化現象です。小説と映画を通じ、さまざまな世代のファンの心をとらえています」とアマゾン・スタジオのシリーズ脚本の責任者、Sharon Tal Yguado氏が声明文の中で語っている。さらに、「我々はトールキン・エステート・アンド・トラスト、ハーパーコリンズ、ニュー・ライン・シネマと同作品で心躍るコラボレーションができて光栄です。中つ国でロード・オブ・ザ・リングのファンを新しい長編作品の旅へお連れできるのを楽しみにしています」と続けている。

    制作時期はまだ決まっていないようだが、期待して待とう。



    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , ,


    米経済紙『The Wall Street Journal』によれば、任天堂がユニバーサルおよびイルミネーション・エンターテインメント(アニメ映画『怪盗グルー』シリーズの製作会社)と、人気ビデオゲームシリーズ『スーパーマリオブラザーズ』のアニメ映画化について協議を進めているという。


    マリオとルイージは1993年、ボブ・ホスキンス主演の実写作品『スーパーマリオ/魔界帝国の女神』で映画館に登場したことがある。しかし、この映画は評価的にも興行的にも失敗に終わっていた。

    任天堂は昨年、君島達己社長が映画事業への意欲を示しており、2014年には、リークされたソニー・ピクチャーズのメールから両社が協議中であることが明かされていた。今回のユニバーサルは、任天堂ゲームの世界を再現するテーマパーク「SUPER NINTENDO WORLD」をユニバーサル・スタジオ・ジャパンが建設中であることを考えると、より適したパートナーのように思われる。

    かつての実写映画が失敗していることから、任天堂が今度はアニメ映画化を考えるというのは合点の行く話だ。また、同社は映画より小さなスクリーンに対しても自ブランドの展開を図っており、『ゼルダの伝説』の実写ドラマシリーズがNetflixで製作中とのうわさもあった(ただし、これは実現していない)。




    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , ,


    地球上で最後の1頭となったオスのキタシロサイの物悲しげな様子の写真が研究者のソーシャルメディアでシェアされ世界中に拡散、「絶滅」とはこうことだと世の中に知らしめた。


    生物学者のダニエル・シュナイダー氏が自身のツイッターに投稿したサイのスーダンの画像は、去る4月、彼に伴侶を見つける世界的キャンペーンで使われたもの。その姿はケニアのオルペジェタ自然保護区の囲いの中で完全に落ち込んだ様子だった。

    シュナイダー氏は以下のように投稿している。

    「絶滅とはどういうことなのか? これが最後のキタシロサイの姿だ。これが最後、次はもうない」

    スーダンは現在、同自然保護区で同種の2頭のメス、ファトゥとナジンと暮らしている。密猟者から保護するために、この3頭は武装した警備員により24時間体制で護衛されているのだ。

    残念ながら44歳になるスーダンは高齢で精子の数が減っていることから、同居している2頭のメスとの自然繁殖には至らなかった。

    種の保存を試みる研究者たちは、体外受精の技術開発を急いでおり、スーダンの子孫を残し、絶滅させないよう力を尽くしている。

    オルペジェタ自然保護区では、このプログラムへの寄付を受け付けているので、協力したいという方は同保護区のサイトのキタシロサイのページをご覧いただきたい。



    ■参照リンク
    http://www.aol.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , , ,


    ラッパーのドレイクは先日、オーストラリアでのコンサート開始直後、パフォーマンスを一時中断し、最前列近くの男性客に向かって、お説教を行った。その男性が複数の女性ファンの体を触る不適切な行為を目撃したからだ。


    「そんなことはやめるんだ」とドレイクは問題の男性に対し指を差しながら、「もし触るのをやめないと、オレがそこへ行ってお前をぶっ飛ばすぞ」とマイクを通して発言。

    さらにドレイクはこう罵った。「もしその手を女の子たちからどけないと、オレがそこへ行ってお前のケツを蹴り飛ばすぞ」

    ファンは、この予想外の瞬間をビデオに捉え、すぐさまSNSに投稿。

    Mans said he was gonna fuck him up 😳

    Drake Fanpageさん(@aubsessed_86)がシェアした投稿 -

    「ドレイクが男にむかってぶっ飛ばすと言っていた」

    11月初旬、ドレイクは『The Hollywood Reporter』誌との内面を掘り下げたインタビューで、"将来一緒になる女性"のために高級ブランドバッグを収集していることを明かした。

    さらにドレイクは、『ハリー・ポッター』シリーズの大ファンでもあり、『ハリー・ポッターと賢者の石』の初版に大金をつぎ込む予定だと語っている。「これ(初版本)は持っておかないと・・・誕生日も近いからご褒美に買おうと思ってる」

    こういった側面を持つからこそ、女性ファンの人気も高いのかもしれない。




    ■参照リンク
    http://www.aol.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , , ,


    『People』誌による「2017年の最もセクシーな男性」にカントリー歌手のブレイク・シェルトンが選ばれたのだが、これに対し、ツイッターユーザーから疑問の声が続出している。


    ツイッターユーザーたちは、オーディション番組『The Voice』で審査員としておちゃらけてばかりいる彼がなぜこの世で一番セクシーな男性なのかと疑問を感じているようだ。

    コメディアンのアキーラ・ヒューズさんは『People』誌が他に選択肢がなくシェルトンを選んだことをほのめかすように「他の候補者は全員死んじゃったの?」とツイート。

    歴代の受賞者の写真を並べ、「イドリス・エルバじゃなくて、なぜブレイク・シェルトンが最も"セクシーな"男性に選ばれたのか、私にはわかる。彼が白人だからだ」とつぶやくユーザーも。

    これらの反応はともかく、シェルトンが今回の受賞をどこまで気にかけているかは疑わしい。今回の受賞についてのコメントは、2年以上前から交際中のグウェン・ステファニーがツイッターで触れているのみだ。

    ステファニーはシェルトンとのキス写真と共に以下のようにツイートしている。

    「私がずっとキスしていたのは最もセクシーな男性だったのね。彼がセクシーだってことは、とっくに知ってた」




    ■参照リンク
    http://www.aol.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , ,

    ケンブリッジ侯爵夫人キャサリン妃は、娘のシャーロット王女の知られざる事実について明らかにした。どうやら普通の同い年の女の子と少なくとも一つは同じであることがわかったのだ。


    去る11月14日、第3子を妊娠中のキャサリン妃は、当初9月に訪問予定だったが、重いつわりのため延期していたホーンジー・ロード・チルドレンズ・センターを訪問、そこでシャーロット王女の好きな色を公表したのだが、それはそれほど難しく考えることなく想像できるものだった。

    キャサリン妃と言葉を交わしていた6歳の少女ネヴァちゃんが、シャーロット王女のかわいらしい素顔を話してくれた。

    「何色が好きって聞かれました」とネヴァちゃん。「ピンクって言ったら、シャーロットと同じねとおっしゃいました」

    キャサリン妃はこの訪問でセンターに通う子供たちの保護者とも交流、シングルファーザーのビリーさんには、ウィリアム王子が父親になるにあたって戸惑っていたと語ったそうだ。ビリーさんは7ヶ月になる娘のバイオレットちゃんの親権を獲得し子育て真っ最中で、その際のセンターでの経験をキャサリン妃に話したという。これに対しキャサリン妃は、ウィリアム王子も初めて父親になったときに、一体どうしたらいいのかわからなかったと語ったそうだ。

    「殿下も同じだったと妃殿下がおっしゃっていました。私にはファミリー・アクションが大きな助けとなったので、このプログラムに対するサポートがもっと必要だと申し上げました」とビリーさん。

    ファミリー・アクションとはキャサリン妃が後援者となっているチャリティー団体で、援助が必要な家族にさまざまなサービスを提供している。

    この日、キャサリン妃が着ていた「ゴート」のピーターパン・カラーのクリーム色のコートは、ジョージ王子を妊娠していたときに着たことがあるもので、いわば"リサイクル"だが、どんな服にも合わせられるニュートラルな色である。それにブラックのオペークタイツと「スチュアート・ワイツマン」のローヒール・ブーツを合わせていた。

    ■参照リンク
    http://www.aol.com/

    ■関連動画

    Permalink


    0 0

    Filed under: ,


    ライアン・レイノルズと映画『Deadpool 2』(タイトル未定)チームの悪ふざけには何らかの筋道があるはずだが、我々にはまだつかみ切れていない。同作のR指定の本編『デッドプール』が2016年に公開される前からすでに、ライアンと20世紀フォックスは、この異色のマーベルアンチヒーローを宣伝するのにユニークな方法を見つけていた。予告編やお決まりのポスターだけに頼るのではなく、デッドプール自身にふさわしいパロディやおどけた写真撮影、クレイジーな悪ふざけも活用しているのだ。

    「朝のテレピン油の香りが大好きです」

    例えば、最近公開されたティーザー動画では、デッドプールに扮したライアンが米国のテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気だった画家ボブ・ロスの物まねを披露した。

    彼は、性的にきわどい言葉も発しつつ、例の「幸せな木」を描き、色の使い方を教えている。楽しくてふざけた動画だが、我々にも予想のつく展開だったのかもしれない。というのも、これまでに2つのヒントが与えられていたのだ。1つは1月17日のツイート(職場での閲覧注意)で、ライアンがロスへの称賛を独特な詩的表現で述べている。

    「ボブ・ロスはすごく癒やしを与えてくれる。この番組を5分見ると、枕の海で死ぬほどフ○○クされた感じがする」

    ティーザー動画が公開された11月15日以来、ライアンはこのツイートを一番上に固定している。おそらく、単にそのふざけた(でも実は的確な)着眼をしていたことを喜んでいるだけでなく、ずっと前からそのヒントを発していたと言いたいのだろう。

    もう1つのヒントは最近のもので、11月9日に公開された最初のポスターに込められていた。ノーマン・ロックウェルが描いた1943年の絵画『欠乏からの自由』中の人物を『Deadpool 2』のキャストにすり替えたものだ。そのパロディー画がティーザー動画にも登場しており、ボブ・ロスとうまくリンクしている。



    この絵が公開された時は、何を意味しているのか謎だった。彼らは今後数ヶ月のうちにさらなる仕掛けを繰り出してくるであろうから、見逃さないように注意するとしよう。

    『Deadpool 2』は2018年6月1日に米国公開予定だ。




    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , ,


    『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが、インスタグラムの「ストーリー」機能を使って、撮影中に鼻骨を骨折をしてしまった事をファンに明かした。ホランドが鼻を骨折するのはこれで3度目となる。


    最初の骨折は2016年、ニューヨーク映画祭で初公開された映画『ザ・ロスト・シティ・オブ・Z』(原題)の撮影中、そして2度目は今年8月、『カオス・ウォーキング』(原題)(2019年3月1日全米公開予定)撮影中の事だった。今回の骨折は、2019年に公開を予定している『アベンジャーズ4』(仮題)(2019年5月3日全米公開予定)の撮影中に負ったものという憶測があったが、今回も『カオス・ウォーキング』の現場で起きていた事が分かっている。まさに"カオス"な状況の同映画は、ホランドがニック・ジョナスやデイジー・リドリーらと共演するSF作品だ。

    以下は、ツイッターに転載されたストーリーの映像だ。顔にひどい傷を負ったホランドは、「演技なんて簡単だと誰が言ったんだ? 鼻の骨折はこれで3度目だ。何てクランクアップの仕方なんだろう」と冗談めかして発言している。


    『カオス・ウォーキング』の撮影は終了したので、少なくとも、同じ映画でホランドが再び鼻を折ることはないだろう。



    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , , , ,


    クリスチャン・ベイルは、役作りのため髪を剃り、眉毛をブリーチして、体重を大増量したのだが、そのおじさん体型になったベイルの姿に、きっと多くの男性が勇気づけられたに違いない。


    クリスチャン・ベイルは、元アメリカ副大統領のディック・チェイニーの伝記映画『Backseat』(原題)で本人役を演じる。ベイルは、この映画の役作りのためにパイを食べ続けたらしいが、ディック・チェイニーの妻、リン・チェイニー役のエイミー・アダムスと共に、役作りのために大変身を遂げている。

    ベイルが映画出演のたびに肉体改造をするのは有名な話だが、今回の姿は特に衝撃的だ。ネット上はもちろん大騒ぎとなり、ツイッター民から早速ネタの餌食にされてしまった。

    「もしこれが本当にクリスチャン・ベイルなら、どんな父親も(イケメンの)ポテンシャルは持ってるってことになる」

    「ホッケーパットなどつけていない(『ダークナイト』より)」

    「デートアプリの写真のベイルと、初デートの時にバーの前に立ってるベイル」

    「クリスチャン・ベイルがバーで働いてもいないのに空になったグラスを片付けてる人みたい」

    「クリスチャン・ベイルの次の役は、"仕事中のバスの運転手の横に立ってずっと話しかけてる男性"」

    「クリスチャン・ベイルが、図体だけデカいシャイな赤ちゃんみたいに見える」

    「俺もこのTシャツ持ってるし、生え際も二重アゴも一緒だ・・・。もしや俺ってクリスチャン・ベイルだったのか!?」

    以下のツイートの画像からも分かるように、今までの役作りでは食べずにガリガリになることが多かったせいか、不機嫌そうな目をしていたが、少なくとも今回は幸せそうだ。

    「いつものクリスチャン・ベイル」

    ディック・チェイニーの伝記映画『Backseat』は、まだ公開日が決まっていない。ベイルの変身の様子をスクリーンで見られる日が待ち遠しい。



    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under: , , , , ,


    11月3日に公開された『マイティ・ソー バトルロイヤル』(原題:『Thor: Ragnarok』)でレッド・ツェッペリンの『移民の歌』が使用されているが、ジャック・ブラックは、ここぞとばかりに主役ソーを演じるクリス・ヘムズワースにちょっかいを出し話題を呼んだ。


    ブラックは、自身が2003年の主演映画『スクール・オブ・ロック』で同曲を歌う姿を見て、『マイティ・ソー バトルロイヤル』が「パクった」とインスタグラムで言い掛かりを付け、クリス・ヘムズワースに"ジャムセッション"、つまり、即興の歌バトルを挑んだ。これに対してヘムズワースは、「望むところだ」と挑戦に応じた。

    以下がそのインスタグラムの投稿となる。映像の中でブラックは、「ソー、出て来い! これは挑戦状だ」とヘムズワースに向かって吠えている。

    This is a challenge! #SchoolOfRagnarok @chrishemsworth @taikawaititi

    Jack Blackさん(@jackblack)がシェアした投稿 -

    「これは挑戦状だ!」

    ヘムズワースは、『スクール・オブ・ロック』で使われた曲と同じ曲を『マイティ・ソー バトルロイヤル』で使用した事について、確かに「有罪だ」とインスタグラムで認めたが、「でも君も同罪だろ?」と反論。そして、「ジャムって、トーストに塗るアレのこと?」とおどけつつ、「僕の家? それとも君の? 僕はどちらでも構わない。望むところだ」と締めくくった。

    in response to @jackblack #schoolofragnarock #jam @taikawaititi @marvel #thorragnarok

    Chris Hemsworthさん(@chrishemsworth)がシェアした投稿 -

    「ジャックブラックへ」

    ちなみにブラックは、"スクール・オブ・ラグナロク"をインスタグラムで披露してくれた。

    Daddy's School Of Ragnaroth from the set of "The House With A Clock In It's Walls"

    Jack Blackさん(@jackblack)がシェアした投稿 -

    「新作『The House with a Clock in its Walls』の撮影セットで"スクール・オブ・ラグナロク"」




    ■参照リンク
    http://www.moviefone.com/

    Permalink


    0 0

    Filed under:


    先日、戦没者追悼式典に出席した35歳のキャサリン妃の様子は、今までと全く違っていた。一体何が変わったのかというと、髪型がボブになっていたのだ。


    ケンブリッジ公爵夫人キャサリンのブルネットの髪は、肩上の長さになっていたのだが、普段よりずっと短いその髪型のせいで、全体の印象も違って見えていた。髪は黒い幅広の帽子の中にまとめられており、耳には大ぶりのパールのイヤリング。ミリタリー風の大きな金ボタンのついたドルチェ&ガッバーナのジャケットを着こなしていた。


    しかし、だまされてはいけない。実はこのボブ、カットはせず、ヘアアレンジのみで作ったものだっと判明。もし、キャサリン妃が本当に髪の毛を切ると決めたなら、もっと短くしても似合いそうだ。

    式典の夜、ロンドンにあるロイヤル・アルバート・ホールで90回目の戦没者追悼式典を記念するイベントが開催され、キャサリン妃は昼間と衣装を変えて登場した。イベントには、退役軍人を支える慈善事業団体ロイヤル・ブリティッシュ・リージョンの後援者としてエリザベス女王も出席した。

    キャサリン妃が選んだドレスは、お気に入りのデザイナーの1人であるキャサリン・ウォーカーが手掛けた、シルク製のブラックベルべットのドレス。スワロフスキ―のボタンの輝きがビンテージ感を与えていた。


    キャサリン妃は現在第3子を妊娠中で、来年の4月に出産予定だ。



    ■参照リンク
    http://www.aol.com/

    Permalink